【アクアテラリウム】カラフルシュリンプを飼育する 。ついにレッドビーシュリンプも投入!

【アクアテラリウム】カラフルシュリンプを飼育する 。ついにレッドビーシュリンプも投入!

スーパーレッドチェリーシュリンプ

ベルベットブルーシュリンプを投入してから一週間。水槽に姿を見せるのが4匹で1匹が見当たらないのですが、、、コケを食べる効果があまりないので、数を増やそうと思いました。

ということで、この際ブルーだけではなくてカラフルに行こうとなり、その他のカラーのシュリンプを購入することに。

お店で見てみると色々種類がありましたが、定番の赤を購入しようなり、その中でもさらに赤が強いスーパーレッドチェリーシュリンプなる種類がよさげだったので購入してみました。

スーパーレッドチェリー

かなり濃くてきれな色をしています。

そして、個体差なのかサイズが若干大きいです。

元気に水槽内を動き回っています。

ちなみに、初めて知りましたが、シュリンプは滝を登ります。

何度も頻繁に滝を登り、上流から降りてくるような行動が見受けられます。

水槽から出ることはないとは思いますが、そのような習性があることを初めてしりました。。

Advertisement

オレンジチェリーシュリンプ

オレンジチェリーシュリンプ
created by Rinker
AtWell
¥1,580 (2020/09/28 21:06:47時点 Amazon調べ-詳細)

赤の次はオレンジです。

種類としては同じで色が違うというもの。不思議ですよね。

レッドビーシュリンプ

レッドビーシュリンプ
created by Rinker
AtWell
¥2,300 (2020/09/28 21:06:48時点 Amazon調べ-詳細)

満を時してレッドビーシュリンプを入れました。

チェリーシュリンプとは違い、水質にかなり弱いという事で、時間をかけましたが、

安定してきているので入れてみようとなり購入に至りました。

現在のところ特に問題は見られません。

という事で、現在水槽には「ベルベットブルーシュリンプ」「スーパーレッドチェリーシュリンプ」「オレンジチェリーシュリンプ」「レッドビーシュリンプ」の4種類が存在するようになりました。

今のところ種類によって性格がわかれているようで、レッドビーシュリンプ、スーパーレッドとオレンジは堂々と水槽内を動き回ります。しかしベルベットブルーシュリンプは夜暗くなってからでないとでてきません。

同じ種類でも全然違うんだなと改めてわかりました。

ちなみにコケ対策としては、10匹入れてようやく少し出てきたという感じです。

まとめ

シュリンプによってかなり性格が違うようだ

レッドビーシュリンプは水質が安定しないと難しいらしい

カラフルシュリンプは水槽内がかなり明るくなってよい

アクアリウムカテゴリの最新記事