手軽に音圧アップのWAVES L1、L2、L3を比較してみた

2017年10月22日

L1、L2、L3の違いとは

自分で作った曲の音量がなんかCDのものとは違う、、音が小さい。。。

などなど、曲を作ってどこかに公開しようとすると、必ずと言っていいほどこの悩みにぶち当たると思います。

私もその一人でして、今でこそマキシマイザーの存在を当たりまえのように知っていますが、バンド活動をしていた時は全く知らず。なんでこんなに違うのか、、才能か、、などど絶望感を抱いたことを覚えていますw

このマキシマイザーはその悩みを簡単に解決してくれて、音圧をアップしてくれるという優れもの。

特にWavesのLシリーズは定番だと思います。

今回WavesをDiamondにアップグレードしてL1、L2、L3が一通り手に入ったので比べてみました。




サンプルで確認

これは聞いていただいた方が早いので、簡単なドラムサンプルにそのままL1、L2、L3を指してみました。

L1

 

L2

 

L3

 

L3-LL

 

元ネタが単純なものなので違いが難しいですが、、、、L1〜L3にいくつにつれて音圧として単純に考えると少しずつアップしています。

波形で見ても徐々にアップしているのが確認できました。

L3-LLはL3のLow Latencyバージョンということですが、聞いていただくとわかるように全くの別物の音になっています。

L3までは明らかにアップしたという感じですがL3-LLのほうはもともとの素材をそのままに自然にアップしているという感じがしますね。

ちなみに、Wavesアップグレードしたら見た目が結構変わっているものがありましたね。legacyと切り替えられるようになっていました。私は昔のものが好きなので以前のもので使っていますが。

元々の素材が単純なドラムなので効果の実感が薄いですが、これがオケ全体にかかるとかなりの違いになると思います。

ただ、かけすぎるとバランスそのものが崩壊してしまうので、バランスには注意が必要だと思います。

 

まとめ

  • L1<L2<L3という感じで音圧が上がる
  • 操作は簡単でマスターに指してプリセット入れるだけでもかなりアップする

現在の音楽ではほぼマストで必要だと思いますので、音圧で困っている方は導入されてはいかがでしょうか。

簡単にバコッと音圧が上がります。



DTMDTM, waves

Posted by nunop