ヒザが痛い!!初めてMRIをとった

ヒザが痛い!!初めてMRIをとった

ヒザの痛みの原因を探る

最近ヒザが痛い、、、かなりジジくさい内容ですが。。。

二ヶ月くらい前からおかしなと思っていたら結構な痛みに。

今ではあぐらをかいていると徐々に痛くなって来るという感じなんです

アラフォーの域にたっしているおっさんとしては、そろそろ出て来る頃だろうなとは思っていましたが、、原因として思いつくのは野球をしてキャッチャーをやった頃からおかしいなと。

まだまだ野球やりし、このまま悪化して歩けなくなったら嫌だなということで、一応原因を探るべく整形外科に行ってみました。

Advertisement

 

MRIをとりましょう

早速近くの整形外科にいくと、まずは痛みを伝える。

ヒザの中心が痛くなるのと、どちらかというと内側に向けると痛い

とりあえずレントゲン撮りましょうとなる。

レントゲンをとると骨には異常なく、軟骨の間も特に問題なさそうだと。

で、レントゲンでは、なんこつまではよくわからないのでMRIを撮りましょうということになった。

MRIって聞いたことあるけど、初めてだ。。

なんでもMRIだと軟骨とか筋の部分の損傷もわかるということだ。

で、すぐにできるのかと思ったら、ここにはないということで別の場所で撮ることに。

そういうのも知らなかった。。。

ということですぐに予約をしてもらってそのまま移動することに。

 

MRIはすげーうるさいぞ

移動先の病院で色々説明受けてMRIをとることに。

時間は20分くらいかかるということ。意外に長いな。。

そのまま台の上に寝転がって、ヒザの部分を機械に入れる。

そしてなぜかヘッドフォンを渡される。

スタートすると

「ガガガガガーーー!!!」

「ズキューン!!!!!!」

びっくりするくらいうるさい。。。

寝ようかと思ったが寝られない。。。。

そのまま待つこと20分ほど。。

ようやく終わった。

ヘッドフォンに音楽流れているけど、全然意味ないきがする。。。

 

発送かその場で待つか選択

MRIをとり終わるとそのデータをCDに焼くらしい。

それが後日発送が焼くまで待つか、焼くと1時間〜2時間かかるらしい。

データを出力するのにそんなに時間がかかるのかな。。。

待つのは嫌なので後日発送にしてもらった。

直接紹介してくれた病院に届くらしい。

会計して終了。料金は保険が効いて8千円弱。

検査内容 診療総額 負担割合1割 負担割合3割
単純MRI検査 約26,000円 約2,600円 約7,800円

 

後日整形外科に行って説明を受けましたが、

結局原因はよくわからず、軟骨の部分が少し弱っているのかなと。

で、対策は筋肉を鍛えてくださいという、特に治療というわけではなかった。。。

う〜ん、、、まぁ、どこかが断裂しているとかではなかったからよしとしよう。。

ということで初のMRIは以上で終了。

 

MacでMRIのデータを見るには専用のビューワー入れないとだめ

MRIのデータももらえるので自宅で見てみようかと思ったら、専用のビューワーを入れないとみれないらしい。。

データの形式はDCMというあまりみたことないもの。。。

調べて見ると、Osirixというものをインストールする必要があると。。。これがめんどくて、個人情報入力してメールにダウンロードURLが送られてくるというなかなか厄介なもの。

見れないと仕方ないので入れましたよ。。

もしもご自身でデータ持たれていてみたい方は下のURLからインストールを

Download OsiriX Lite

ダウンロードしてインストールすると見れるようになります。

こんな感じで。。

見れても何がわかるわけでもないですけどね。

せっかくそれなりのお金を出して撮ったんで見れるようにしておこうかなと。。。。。

 

ヒザに良いとされるもの

関節に良いとされているものに「ぐるぐるグルグル〜♪」でおなじみのグルコサミンとコンドロイチンがあるようです。

本当に聞くかどうかは賛否両論あるようですが、

家族がコンドロイチンを飲み続けてヒザの痛みが消えたという話があるので、試してみようかなと思ってます。

 

まとめ

  • ヒザの痛みの原因を知りたければ整形外科へ
  • レントゲンでは軟骨の状態はわからないらしい
  • MRIはすげーうるさい
  • MRIのデータはもらえるけどMacだとOsirixをインストールしないとだめでした。