「有田と週刊プロレスと」がすげー面白いwww Amazon Primeで配信中!!

2017年10月22日

突然渡される週プロについて語る。。それだけ!!!

Amazonプライム会員にになると動画を観れるサービスがあるのは以前のブログにも書きましたが、、、、

そこで独占配信されてる番組もありまして、その中の一つに「有田と週刊プロレスと」という番組があります。

プロレス・・・・・私が学生の頃はかなりプロレスが盛り上がっている時期で、クラスの男子はほぼ全員見ていたと言っても過言ではないくらい大ハマりしてました。

当時はTV放送がゴールデンから深夜帯に移動してしまった時だったのですが、ビデオにとったり遅くまで起きていたりして、新日本プロレスと全日本プロレスは毎週かかさずにチェックしてました。番組を見てないと次の日に友達との会話に入れないという状態になるくらいでした。当然会場にも何度も足を運びましたね。

それから数十年。。。たまにチェックはしていたもののすっかり見る事も無くなってしまったプロレス。。。

そんな時に、この番組と出会ってしまいましたw

面白そうだなと思ってちょっと見てみたら大ハマり!!!!

プロレスを知っている人も知らない人も楽しめる番組内容に感動すら覚えました。

 

番組の流れは、毎週くりーむの有田さんに週刊プロレスが渡されます。

内容は一切聞かされていないという事です。

その週刊プロレスを見て、その内容について説明を語り始めるという、正直なところ有田さんの話術次第でどうにでもなる番組だと思いますww

毎回ゲストが聞き役として招かれるのですが、プロレスに興味のある人ない人、知っている人、全く知らない人など多種多様。

そしてアシスタントには父親がプロ野球選手だった元AKBの倉持 明日香さんちなみに彼女はかなりのプロレスマニアのようです。

一通りの説明の後、最後にその週プロで取り上げた出来事から人生の教訓を学ぶという、そう、まさにそれだけ!!!の内容なのだw

有田さんの話術に引き込まれる

プロレスには長い歴史があって、団体が衝突解散を繰り返して今に至っているんですね。そんな長い歴史を有田さんは余す事なく丁寧に説明をしてくれます。

全ての始まりは力道山の弟子に当たるアントニオ猪木とジャイアント馬場が新日本プロレスと全日本プロレスを立ち上げた時から始まり、各団体内での様々な抗争、様々な事件、人間関係と会社の契約関係などが複雑に絡みあう中で、総合格闘技路線を目指した前田明、そこからのちのプライドにつながっていく流れや、プロレスブームが去った後の黎明期を支えた今の選手たちなど、渡された週刊プロレスを題材に非常にわかりやすく解説してくれるのです。

時にはモノマネを交えながら当時の会見や逸話を面白く解説してくれます。このモノマネも相当似ていてかなり笑えますww

そのように楽しく解説してくれるのでどんどん引き込まれていきます。

「キレてないですよ」誕生秘話

そのほかにも、長州小力のギャグで流行った「キレてないですよ」の誕生秘話などの話もありました。

今では結構有名な話ではありますが、キレてないですよの元ネタは「キレちゃいないよ」なんですよね〜。

長州選手が安生選手と戦った後の会見で記者が突然「長州さん、キレましたか?」

と聞いたことからこれが生まれたんですよね。

東京ドーム大会で、私はビデオに撮ってましたw

過去から今のプロレスへ

一時期総合格闘技系に押されてプロレス人気が低迷してしまった時代もあったようですよね。K1とかプライドとか私が20代の頃はそちらの方が勢いがあったと思います。年末には必ず中継含めて試合してましたよね。

でも今の新日本プロレスは時代にあった売り出し方をして、プロレスが好きな女性ファンを増やして、プロレス女子、プ女子というような言葉もはやるくらい盛り上がりを見せているようです。

もちろん最近の話もしてくれるので、私は見ていなかった空白の時間を埋められますし、同時に懐かしい思い出もどんどん出てくるという素晴らしい番組です。

人に自分の好きなことを語ったり話したりして、伝えるという能力はすごく大事だと思いますが、有田さんは本当にそれがうまいなと思います。一般人でも見習うべき部分がたくさんあると感じましたね。

まとめ

  • 「有田と週刊プロレスと」が見れるのはAmazon primeだけ!!
  • 週刊プロレスを見て歴史を解説してくれる!!
  • そして人生の教訓を教えてくれる!!
  • それだけ!!!

ちなみに番組のナレーションは新日本プロレスでリングアナウンサーをしていた田中ケロちゃんです。それもまた素晴らしいキャスティングだ!!!