27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルにDTMのソフトを再インストール中

27インチiMac Retina 5KディスプレイモデルにDTMのソフトを再インストール中

いくつかめんどいものが。。。。

今までWinに入れていたDTMのソフトをiMacにインストールし始める。

はっきり言ってこれが一番めんどくさい。。

ソフトが古いものもあるのでwin時と違って少々厄介なものも出てきているので途中経過の記録。

まず、全く問題のなかったものから。

私のiMacはOSがSierraの10.12.6

オーソライズとかアクティベートと呼ばれる認証もいろいろな方法があるのでややこしい

Advertisement

Native instruments komplete10

全く問題なし。Native accessというアップデート管理用のソフトいれるとほぼ自動でインストールアップデートしてくれる。音源的にはいまいちという人も多いけど、一社でまとまってるとこういうところがすごい楽。サポートも集約されるし。オーソライズもそれで管理されているようなので特に気にしなくて問題なし

 

xln audio addictive drums 2

全く問題なし。こちらもインストールソフトがあるので、そちらでインストールすれば終わり

オーソライズはソフトで登録する必要あり。2台まで登録可能なので以前のwin消せば全く問題なかった。

 

ARTURIA Keylab

全く問題なし。Arturia Software Centerというもので管理されているのでこちらも特に何もなく完了。

オーソライズもそのソフトで管理されている。5台までOKなのか、5回までしかオーソライズできないのか微妙だけどそんな感じ。。。。

WAVES gold

全く問題なし。Waves Centralで管理されてるのでその他のものと同じようなもの

ここまでが特に問題なく終了

 

ここからが少し微妙

trilian

私のtrilianはDVDパッケージのものなので、DVDからインストールしようとしたらうまくいかず。。。

インストーラーがSierraに対応してないようだ。。で無理やりインストールしたらなぜか32bitの方でしか認識されず、、Cubase9は64bitのみなのでこれじゃダメだなと思って調べてみるとSierra用のインストーラー出てたのね。。。

Spectrasonics: Mac OS X、Windows環境でのDVDバージョンのインストール方法について

これを使って再度インストールする必要あり

一通りインストール後にアップデートする。

オーサライズ方法はChallenge Codeをコピペしたりして結構めんどい。。USBキーとかで統一してほしい、、、

で、、問題が、、、

Cubase 9は 64bitのソフトシンセしか動作しない。trilianは64bit対応しているはずなのに、なぜかcubase9では32bityと認識されて立ち上げられないという現象が。。。。くそー。。よくわからない。。

Synthogy – Ivory

今回こいつが一番参った。。。。

まず1.5の時に買ったのでそのままだとインストーラーが動かない状態。

で、無理やり中身を開いてvstなんかを所定のcubaseのフォルダにコピペ。

そうするとなんとかCubaseでは認識した。だけどMacだから64bitでは動作せず、、、Cubase9ではVSTとしては使えない。。。Cubase8,5では立ち上げたものの音色がなぜか選べない。。

これはバージョンアップしないとダメかもしれない。。

なんとかスタンドアローンで起動するとこまではできたので、しばらくそんな感じで使うかな。。。

 

まとめ

ソフトシンセの会社は一つにまとまってた方がオーソライズが楽。

昔のものだとOSに対応してなくてダメなインストールすらできないものもある

Cubase pro9は64bitのみ!!

まだまだDTMの環境構築は時間がかかりそうだな。。。