27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル用の増設メモリ40GBを購入

27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル用の増設メモリ40GBを購入

DTMするのでメモリ増設

今週中には発送されると思われるiMacですが。。。

HDDはHGST G-DRIVE USB G1 4000GB Silver JPを購入2台で8TBになりました。

HGST G-DRIVE USB G1 4000GB Silver JPを購入

DTMといえばソフトシンセやらプラグインでメモリの消費が激しいんですよね。

CPUよりもむしろメモリを増設しろとはよく言われることはどこのサイト行ってもお店でも言われるくらいです。

ちょっと調べてみると、ここ最近のメモリ価格はかなり高騰しているようでした。

おそらく2〜3年前の二倍くらいになっているんじゃないですかね。。。。

ここ最近自作することもなかったのであまりパーツの値段チェックしてなかったののですが、以前自作した頃のメモリなんてめちゃくちゃ安かった気がしますね。

また下がるのを待っている事もできないので、リサーチをしました。

 

iMac 27インチは後から増設可能

iMacは27インチの場合は後からメモリを増設する事が可能です。21.5インチモデルはあとからメモリーを増設できないようなので、そちらのモデルを購入される方は間違えないようにお気をつけください。

メモリーの規格を確認しました。

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)

メモリの仕様
この iMac モデルは、コンピュータの下部付近に SDRAM (Synchronous Dynamic Random-Access Memory) スロットを搭載しています。メモリの仕様は以下の通りです。

メモリスロットの個数 4
ベースメモリ 8 GB (2 x 4 GB DIMM)
最大メモリ 64 GB (4 x 16 GB DIMM)

以下のすべての条件を満たす SO-DIMM (Small Outline Dual Inline Memory Module) メモリを取り付けられます。
PC4-2400
バッファなし
パリティなし
260 ピン
2400 MHz DDR4 SDRAM

 

ちなみに私のモデルは最大64GBまで拡張が可能

注意点としてはノート用のメモリーでないと増設ができないというところです。

デスクトップだからと思っていて、ここを間違えると痛い目にあいますね。。。もう一度書きますが、iMacの増設メモリーはノート用のメモリーです

 

メモリ数によってもちろん価格も違いますが、先を考えるとメモリーがたくさんあって困ることはないので、私は16GBを二枚差しで決めました。

メモリーは相性問題とかあるのでこれは自己責任というのが前提になりますね。

購入したのは

 

CFD D4N2400CM-16G [SODIMM DDR4 PC4-19200 16GB]

私の自作PCでも使っているメーカー。価格コムとか見るとすでに使っている人もいるのでちょっと安心ですね。こういうレビューは非常に助かりますw

そしてこちらを購入すると、もともと積んでいる8GBと、16GB*2を足すと40GBになりますね。今まで自作の方で24GBで全く問題なかったので、十分なメモリー量だと思います。

 

ちなみに、少々お値段ははるけど、相性問題があまり出そうにないメモリーもあるようです。

iRam製 DDR4 SO-DIMM 2400MHz 16GB

※iRamは米国にあるMac用メモリを専門に作成しているモジュール会社です。このメモリは日本代理店にてiMac 5K Mid2017による実機テストを全数行ってから出荷されています。

ということなので、信頼性はかなり高いと思います。

自作の時もそうでしたが、パーツの相性問題は少なからず出る可能性がありますし、特にwinでもメモリーの相性問題は多数出ていて自作パーツショップでは保証つけられるところもあるくらいですからね。

相性問題が怖いという方は選択しに入れてみてもよいと思います。

保険と思えばコスト差も気にならないと思いますし。

 

まとめ

  • メモリー増設可能なモデルは27インチ
  • 規格はDDR4-2400
  • Macに増設可能なメモリーはノート用です

まだiMacがこないので、装着レビューは別途したいと思います。