WordPressのテーマ変更の時に使った「Theme Test Drive」がすごく便利!!

WordPressのテーマ変更の時に使った「Theme Test Drive」がすごく便利!!

Theme Test Driveって便利

先日WordPressのテーマを変更しましたが、その時に使ったプラグインを紹介。

テーマを変更しようとすると、そのまま移行できるものもありますが、基本的には色々調整しないとちゃんと表示されないと思います。

その時に問題になるのが、公開されているものをそのまま変更しようとすると、その時にアクセスしてくる人に途中の工程も見られてしまうという事。。。

Advertisement

メンテナンスにしてアクセスできなくするという事もありますが、そうするとその間はアクセスができなくなってしまいますね。

個人ブログとかなら別段問題ないですけど。

で、ローカルにテスト環境を作って調整して本番に反映するという方法が一番確実ではありますが、少々敷居が高いです。

そんな時に便利なのが「Theme Test Drive」というプラグイン。

これを設定すると、テーマ変更をしてもアクセス権を与えたユーザーのみ変更されたテーマを確認できて、それ以外は今までのものをそのままの状態になっているという。

つまり本番環境の状態はそのままで、本番環境でテーマの調整ができてしまうというもの。

ローカル環境を用意する必要もなく非常に楽です。

Theme Test Drive

Theme Test Drive — WordPress Plugins

プラグインをインストールすると外観のところに項目が出てきます。

スクリーンショット 2016-02-21 16.45.56

あとは設定をするのみ

Theme Test Drive Options ‹ Pnet — WordPress

①テストしたいテーマを選択

②テーマ変更した方へアクセスできる権限の設定

  • 管理者(Administrator)…… 10
  • 編集者(Editor)…… 7
  • 投稿者(Author)…… 4
  • 寄稿者(Contributor)…… 1

これさえ設定すればあとはテーマを調整するのみ。

権限を設定した人以外はいままでのテーマのままです。

前回私はローカル環境で調整しましたが、全く同じ環境を再現できず、、

結局このプラグインを使いました。

簡単ですので、テーマ変更とかリニューアルを検討している方にはオススメです。

まとめ

  • テーマ変更時に途中の状態を見られたくない場合は便利
  • ローカルのものを反映するとかではなく本番環境を切り分けられる
  • 設定はすごく簡単

便利なプラグインはどんどん使うとかなり楽に色々なことができますね。